原動機付自転車

“原動機付自転車は日本の道路交通法に基づいた乗り物として認知されている車両区分のひとつに該当する乗り物となっております。
上記の道路交通法では50cc以下であり、道路運送車両法では125cc以下の原動機を装備した二輪車が該当することになり、前述した法規上における条件を満たすことが出来れば三輪駆動・四輪駆動の車両についても、【原動機付き】というカテゴリで道路交通を行なうことが可能な部類となっております。
上記の車両全体は総称した省略名称として【原付】と呼ばれることも多くなっており、広く認識されております。
現在、道路交通を行なう車両の中で上記に該当する車両はオートバイの一種として定義付けている例が多く、世間全般の認識としても広く浸透した状態となっております。
一般的な運転区分となっている50cc以下を総じて原付と定義している向きも多く、同じく道路交通法に基づいての車両通行が義務付けられております。
ちなみに上記名称が一般的であることは前述したとおりですが、二輪車を自転車に用いられる俗称として広く普及しているチャリンコと組み合わる形で原動機付のチャリンコを略する名称として【原チャリ】という愛称が親しみを持つ形で展開されていることが多く、その他の言い方としてはミニバイクと呼ばれることも多くなっております。