大型自動車

大型自動車とは日本の自動車における区分の1つです。車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、乗車定員30人以上の四輪車を指します。車体が大きく、機敏な動きは出来ないため動作が難しいのが特徴です。また、車高の高さによる死角の大きさから歩行者、特に小さな子供や高齢者の飛び出しには普通自動車以上に注意が必要です。また、内輪差も大きいため右左折時の接触にも普通自動車より注意が必要になってきます。

 

他にも車両前方のオーバーハングが大きいため、普通自動車ではあり得ない動作が可能であったりします。これは、車両前方を路面からはみ出させる操作になります。これは時と場合によって必ず必要な操作になるため、教習所等では必ず身につけなくてはならない操作になります。ちなみに、大型車はスピードリミッターが付いているため、普通自動車と比べてあまり速度が出せません。そのため、高速道路などで他の大型車が追い越しする時に非常に時間がかかってしまうことがあります。

 
ちなみに、以前までは普通自動車の次がこの車種であったため、普通自動車で運転出来るサイズが非常に大きく、世界との差が大きかったのですが、現在では中型自動車という区分が出来たため差はなくなっています。”