中型自動車

中型自動車とは、道路交通法による自動車の区分の1つです。車両総重量が5000kg以上11000kg未満、最大積載量が3000kg以上6500kg未満、乗車定員が11人以上29人以下の四輪車を指します。

 
大型自動車と普通自動車の中間的な位置づけになっています。今までの大型自動車と普通自動車の境目は車両総重量8ton、最大積載量5ton、および乗車定員11人以上でした。普通自動車を運転できるサイズが世界的には通常3~5ton程度であるのに対し日本の従来の法律は突出して大きかったため、改正されることになりました。改正された法律が施行されたのはは2007年6月2日です。そのため、これより前に普通自動車を運転していた方は書き換え時に「中型車は中型車(8ton)に限る」との表示がつくようになりました。この8tonというのは車両総重量が8tonで乗車定員が10名までの自動車になります。そのため、限定の方が運転出来るのは車両総重量が8tonまでの一般的に言うトラックのみということになります。そのため、マイクロバス等の新しく中型車と分類されたものを運転するには教習所等にて新規取得という形にはならず、限定解除という形にて取得する必要があります。