バイクに関連する免許の取得条件と運転できる範囲

 

バイクの免許は原付、小型限定、普通、大型とあり原付以外はAT限定もあります。取得できる年齢は大型以外は16歳以上、大型は18歳以上となっています。原付は50cc以下の原動機付き自転車が運転できます。AT限定はないので、AT車もMT車も乗れます。ただし50ccでミニカーつまり原付4輪車は原付免許では乗れません。普通免許が必要です。3輪車は乗れる物と乗れないものがあり、ミニカー扱いの水色ナンバーのものは載れません。白いナンバーの物は乗れます。小型限定は125cc以下に乗れます。125cc以下というのは、50cc以下の原付一種と125cc以下の原付2種です。原付2種は黄色またはピンクのナンバープレートで、制限速度が普通車と同じ60km/hで二人乗りも出来ますが、高速道路は走れません。AT限定があるため、AT限定の人はクラッチなしに限定されます。普通は400cc以下に乗れます原付2種以下と更に250cc以下の軽二輪、400cc以下の小型二輪に乗れます。軽二輪以上は高速道路も走れます。小型二輪以上は車検があります。やはりAT限定があります。大型は排気量制限なしに乗れるようになります。ただしAT限定は650ccまでと言う排気量制限があり、AT車であっても650ccを越える場合には、限定なしの大型二輪免許が必要になっている。