運転免許の区分について

 

 

gf1120110828l

 

 

自動車の運転免許の区分は、様々な種類があります。まず16歳以下で取れるものとしては、原動機付自転車、原付バイクがあります。これは基本的に筆記試験のみで取れるもの、運転できる範囲は50cc以下のオートバイ、つまり原付バイクだけです。同じく筆記試験だけとれる物に小型特殊があります。これも運転できるのは小型特殊だけです。農耕機械などです。次ぎは16歳でも取れる実技試験のある自動二輪があります。これは400ccまでのオートバイに乗れる普通二輪ですが、50cc以下の原付バイクにも乗れます。また小型特殊にも乗れます。125cc以下の小型限定もあり、また夫々AT限定もあります。18歳になると普通が取れるようになります。これは乗車店員10人以下もしくは最大積載量2000kg以下の普通自動車に乗れます。原付、小型特殊にも乗れます。AT限定があり、更に1種2種の差があります。大型2輪も18歳からです。乗れるのは排気量の限定なくオートバイと、原付、小型特殊です。やはりAT限定があります。中型は20歳以上、運転歴2年以上で取れるます。普通の上で総重量11トン以下、最大積載量6.5トン未満、乗車店員29人以下の車を運転できます。大型は21歳以上3年以上の運転歴が必要です。

 

 

車に関連する免許の取得条件と運転できる範囲

 

普通免許の取得できる条件としては、年齢18歳以上です。運転できる範囲は総重量5000kg未満、最大積載量3000kg未満、定員10名以下です。つまりトラックなら2tまで、乗用車は10人乗りのワゴンまでと言うことになります。中型免許は、年齢20歳以上で、運転歴2年以上で取得できます。運転できる範囲は証重量11000kg未満、最大積載量6500kg未満、定員29名以下です。大型免許は中型以上で、21歳以上で運転暦3年以上で取れます。全ての大きさにのれます。この他に平成19年6月1日以前に普通免許を取った人は、中型ができる前だったので、普通中型限定へ切り替えられています。中型限定は、運転できる範囲が総重量8000kg未満、最大積載量5000kg未満、定員10人以下です。更にこれ以外に自衛隊で取った場合にだけある、大型限定と言うのがあります。これは大型は自衛隊のものに限るとした物です。この他に二輪は排気量400cc以下の普通二輪とそれ以上の大型二輪があり、普通に燐は16歳以下で受験できます。まさ普通二輪には排気量125ccに限定した普通二輪小型限定があります。大型二輪は受験資格が18歳以上になります。

 

 
自動車保険比較見直しはこちらのホームページ